お問い合わせはこちら

携帯ショップからの転職先はどの業界でも可能!仕事を辞めたいと思ったら

転職

ここでは携帯ショップ・携帯販売スタッフからの転職について解説していきます。

  • 携帯販売を辞めようか迷っている
  • 携帯ショップ店員から転職できる?
  • 転職先ってどんな業界があるの?

など迷っている人は参考にしてみてください。

実際に転職した人の体験談も交えておすすめの転職先・転職方法を解説していきます。

スポンサーリンク

携帯ショップの離職率は比較的高い

携帯販売の店員

携帯ショップでの離職率は、この業務に絞ったはっきりとした数字は出ていませんが、比較的高いことが知られています。

新卒で入社した13人が3年後には2人しか残らなかった…というケースも知っています。

その理由としては、

  • ノルマがある
  • 販売のプレッシャーが強いこと
  • クレーム対応が大変
  • キャリアアップが見込めない

などが多いです。

実際のところ、ショップで対応をしたり販売をしたりしている店員の多くは正社員ではなく、アルバイトが多いお店もあります。

当然正社員よりも非正規雇用の人の方が、転職するサイクルは早くなりますので、離職率が高くなりますよね。

離職率が高い原因は、地域やお店によってかなり雇用条件にばらつきがあったり、実際の待遇や業務内容が正社員と非正規雇用で異なることがあったりして、同じ職場の中で不公平感が出てしまうことも関係しています。

こうしたことから、単なる数字上の問題を見るのではなく、

  • 本当に自分がやりたい仕事なのか
  • 待遇や環境は改善されるのか
  • 長く働ける環境なのか

ということを考えることが大事です。

というのもスマホショップは、ほとんどのケースで代理店営業となっていて、ソフトバンクドコモauなどのキャリアのダイレクト経営ではないからです。

そのため、ショップを運営する代理店によってかなり待遇や職場の雰囲気が変わることがあります。

こうしたことから、携帯販売という仕事をひとくくりにして考えるのではなく、代理店や地域による差をしっかりと考えて転職を検討することが大事です。

  • 携帯ショップを今辞めるべき?
  • 同業界への転職ってどうなの?
  • 年収アップは見込める?

といった悩みでも相談できるサービスがあるので、1人で悩むくらいならまずは無料で相談してみましょう。

スポンサーリンク

携帯ショップ店員の平均年収ってどのくらい?

携帯ショップの店員

前述の通り、スマホショップの経営は、代理店によって行われているため、それぞれの店舗によって待遇が変わります。

基本給も給料体系そのものも結構違うので、転職を考えているのであれば、それぞれの求人情報をきちんとチェックすることが欠かせませんね。

全体的な平均ということになると、

  • 大卒の初任給:20万円程度
  • 大卒でない場合(高卒や専門卒):18万円程度

というのが普通です。

ボーナスや昇給は正社員なら当然ありますが、多くの代理店では勤続年数によって給料を決めるというよりも、能力による昇給制度を採っていることが多いですね。

そのため、長くいれば自然と給料が上がるわけではなく、しっかりとした業績を上げることが大事になってくるわけです。

自分のスキルに自信がある、能力による昇給の方がモチベーションが上がるという人であれば、むしろおすすめの業界ですね。

また、代理店によってはインセンティブを出しているところも少なくありません。つまり

基本給とは別に売り上げ台数に応じて報奨金が支払われる

というシステムですね。売れば売るほど給料が上がる制度なので、頑張って仕事に取り組む力にもなりますが、その反面

売れなかったらどうしよう…

というプレッシャーにもなります。

しかし販売に自信がある人であれば、しっかりとした給料をもらえると期待できますが、どうしても基本給が低めになってインセンティブで稼がないといけないので、思ったような給料にならない人もいるのが実情です。

正社員はボーナスが年に2回ほど支給されるのが通例となっていますが業績によって支給額が決まることが多く、不安定になってしまう傾向があるのがデメリットです。

このように、スマホショップ店員は、基本給が低めで、業績に応じて給料が決まっていくという不安定さが見られるんですよね。

残業代や各種手当は出ますが、インセンティブが少ない場合、その分までカバーできるほどではありません。

生活できないほど低い…というわけではないですが、それ以上に大変なこともあります。

  • 自分の適正年収はいくら?
  • 自分に合った仕事ってどれ?
  • 書類選考なしの求人はある?
  • 自分と同じキャリアの人はどこへ転職できた?

ということは転職アプリ「ミイダス」からたった1~2分で調べられるので、少しでも携帯ショップからの転職を考えているなら1度は調べてみると参考になりますよ。



転職はミイダス-価値を見いだすアプリ

転職はミイダス-価値を見いだすアプリ

MIIDAS CO., LTD.無料posted withアプリーチ

\ウェブからも利用できます/

携帯販売の仕事はキツイ?辞めたいと思う理由とは

携帯ショップの正社員

携帯ショップの店員は、比較的人の出入りが激しいところです。

店舗によって仕事のキツさは異なるので、同じ業界でも離職者数に大きな違いがあることもあります。

辞めたいと思うきっかけとして多いのは、

  • 精神的にキツイ
  • クレーム対応(いわゆるモンスター客)に疲弊
  • ノルマ達成が難しい
  • キャリアアップを見込めない

などが多いですね。

お客さんの数が多いところは、販売台数も高く給料が良くなるというメリットがありますが、どうしても精神的に疲れてしまうこともあります。なかなか思ったように休憩が取れず、ずっと働きっぱなしということも珍しくありませんね。

また、

クレーム対応がきつくて辞めたい…理不尽すぎるものばかりだし

ということも辞めたいと思うきっかけになってしまうこともあります。

常にお客さんの相手をするのがメイン業務ですので、人と接するのが苦手という人にとっては、長く続けるのは難しい仕事と言えますね。

また、先にも述べた通り、スマホショップの給料体系は業績がかなり影響するという特徴があります。

同じように働いているつもりでも、自分はなかなか給料が上がらないのに、自分よりも若く経験の少ない人が多くもらっているということも起こりえますね。

こうした状況を見て、モチベーションを無くして辞めたいと思ってしまう人も大勢います。

転職のきっかけは?携帯販売を辞めた理由

携帯ショップの仕事風景

スマホショップで働いている人は、新卒から長く続けている人もいます。

ですが10年以上も勤務継続されている方は少数派。最近は入社3年以内に辞めていく人が多くなってきました。

新卒で辞めていく・転職していく人のきっかけとしては「やりがいがない」「精神的に辛い」「スキルアップを望めない」という人が多い印象です。

ここでは転職のきっかけとなった理由を紹介していきます。

携帯販売にやりがいを感じない

仕事をするならやりがいが欲しい…というのは当然ですが、携帯販売をしていても「やりがいを感じない」という意見を耳にすることもあります。

販売台数が増え、お客さんにも感謝される」というのは一般的なやりがいかもしれませんが、仕事を続ける中でどれだけお客さんに尽くしても、毎日のようにクレームを入れられます。

やりがいっていったいなんだろう…

と仕事内容に疑問を持ち、転職活動を始める人も大勢います。

精神的に辛くなって転職する

やりがいとも関連しますが、仕事をするなかでやりがいを感じられず、またやりがいを感じられなくなれば意欲も失います

そうなれば結果を出すのは難しくなり、上司などから叱責されることもあります。

最近では個人のノルマをなくす代わりに、お店全体としてノルマを掲げるところもありますが、それでも成果を上げられないと厳しい言葉を投げかけられることも。

加えてクレームが非常に多い業界なので、精神的に病んでしまい退職・転職していく人も多いですよね。

キャリアアップを見込めない

もう1つのきっかけは、「スキル・キャリアアップを見込めない」という理由です。

携帯ショップという仕事を通じて接客技術は磨けますが、他のスキルが身につかないので将来的なことを考えると不安になってしまう人もいます。

また出世に関しても、代理店であれば店長クラスで頭打ちになることが非常に多いため、

バリバリ働いて上を目指したい!

という人にとっては難しい環境でもありますね。

ただ悪いことばかりではなく、携帯ショップでの勤務を通じて得られた経験は、どの業界でも通用する・求められることが多いです。

なので転職先に関しても、どの業界でも狙うことは可能ですよ。

携帯ショップからの転職体験談

転職活動中の人

スマホ販売から転職するケースが多い営業・販促の求人は全国どこにでもありますし、比較的条件が緩い傾向にあります。

体験談でも、こうしたスマホショップからの転職をしてよかったという感想を聞くことができます。

携帯ショップから住宅営業へ転職

某携帯ショップに就職して3年目に転職しました

今まで全く住宅営業に関係のない仕事をしていたのですが、自宅から近いところで割と待遇のいい住宅営業の仕事があったので応募してみました。

最初のうちは、工法の違いや価格の説明、設計変更の説明などに戸惑って、同僚にも迷惑をかけていました。でも、2か月くらいですっかり仕事にも慣れて、楽しく仕事ができるようになりましたね。

中には気難しいお客様もいますが、たいがいはいい人ばかりで、お客様との交流も楽しめています。残業はキャンペーンの時などにありますが、残業代も出ますので不満はありませんね。

こんな職場も転職エージェントの方が私の待遇や職場の雰囲気、仕事の希望を全部聞いてくださって、それに合ったところを見つけてくれたおかげです。最初は、住宅営業?とびっくりしましたが今では携帯ショップから転職して良かったと思っています。

携帯ショップから事務の仕事へ転職

携帯ショップに新卒入社して6年目に転職活動をスタートしました

もともと「接客が好き」という理由でこの業界に入ったのですが、日々のクレーム対応や人間関係に疲れ、また「今後この業界で働き続けてキャリアアップを見込めるんだろうか?」と疑問に思ったので転職活動を開始しました。

業績もイマイチでスキルもあまりなく、「このままでは転職できないのでは?」と不安になったのでアドバイザーの方にもサポートしていただきました。

自分では気がつかなかった長所や能力、また私に合った業界など転職活動全てを支援してもらい、とある企業の事務に内定が決まりました。

業務内容は単調だけど、ノルマなどからは解放されて土日休み・長期休暇が取得できるようになったので体調も安定しています。

1人で抱え込まずに使えるサービスは全て使っていた、という点が携帯ショップからの転職を成功させるカギといえます。

  • 自分に合った転職先が知りたい
  • 携帯ショップからの転職は難しい?
  • 携帯ショップからの転職についてもっと情報が欲しい

ということならエージェントサービスを使えば一発で解決するので、まずはプロに相談することから始めるといいですよ。

スポンサーリンク

携帯ショップからおすすめの転職先

転職スケジュール

スマホショップでの勤務経験は、

  • 接客スキルが身につく
  • 新しいプランや機種など最新の情報を勉強するクセが身につく
  • 売り上げに応じた歩合で給料が決まるという意識を持てる

などのメリットがあります。

こうしたことから、スマホショップからの転職先としては、やはり販促営業もおすすめ。

ほぼ全国に営業・販促の求人がありますので、通いやすいところに職場を見つけられるというメリットもありますね。

体力的にも意外と楽な仕事で、顧客対応などもたいていはイスに座って仕事ができるケースもあります。

また、お店の中はかなり快適な環境となっていて、夏は涼しく冬は暖かく保たれていますよね。

クレーマーに当たってしまうと、精神的にはきついですが、それほど多くはありませんので、むしろお客さんのために役立っているという実感を持って仕事ができるのがいいですね。

休憩時間などは、お客さんの入り具合や他のスタッフとの兼ね合いで不規則になってしまうことも多いですが、きちんと休めるので心配することはないですよ。

給料は特に高いというわけではありませんが、インセンティブ制度を設けているところであれば、頑張りがダイレクトに反映されますので、しっかりと稼ぐチャンスもありますね。

企業をきちんと選べば、働きやすくそれなりの給料を稼げるものですので、転職先選びがとても大事というわけですね。

あくまでもおすすめの転職先なので、これ以外の業界にだってもちろん転職可能です。

他業界への転職でもさほど難しくないスマホショップ店員

転職先の説明スマホショップの仕事のメリットの一つは、他業界への転職でもそれほど難しくないということです。

というのも、この仕事ではスマホそのものについての知識や、プランについての知識が必要となります。

また、常に新機種が出ますし、定期的にプランの変更もありますので、勉強が欠かせませんよね。

そのため、初めにしっかりと勉強して仕事に臨むという姿勢が身についているのがメリットです。

また、お客様とのコミュニケーションが上手に取れるかどうかということが大事な仕事で、どの仕事にも共通するコミュニケーション能力を培うこともできています。

この姿勢や能力って、どの業界でも重宝される・求められているものです。

そのため、他業界への転職でも、人とのコミュニケーションや勉強してスキルを伸ばすという態度があれば、転職候補としてどの業界を選んでも全く問題ありません

こういう人材を求める会社は全国どこにでもありますし、むしろ歓迎されることが多いです。

大都市でも地方でも業界を問わず求人がありますので、仕事場が近くなるというメリットもありますしね。

転職を成功させたいなら、かならずアドバイザーを活用しましょう

「なぜどのサイトでもアドバイザーの利用を勧めているのか」というと、使わないリスクの方が大きいからです

個人での活動だと、

  • 優良求人を見つけられない
  • 自分に合う仕事がわからない
  • 志望動機が上手く書けない

という可能性が非常に高いです。

十分なネタがあるにもかかわらず、志望動機や自己PRの書き方を知らずに損をしている人も多いですね。

「転職しようか迷っている」という相談だけの利用でも可能なので、携帯ショップからの転職を成功させるなら思い切ってプロに相談してみることが大事です。

スポンサーリンク

小売から転職するなら転職支援サービスは登録必須

小売業からの転職はみなさんが思っているほど難しくはありません。

ですが1人で進めると失敗するリスクが非常に高いです。

  • 小売で働き続けるべきか迷っている
  • 小売からの転職先はどこがあるのか?
  • 小売からでも転職できるのか不安
  • 志望動機の書き方がわからない…etc

といったことを無料で相談できるサービスを利用することによってさらに転職の成功率は上がります。

良い求人は早い者勝ち。この4つのサービスを使えば小売からの転職も成功しやすくなりますよ。

リクルートエージェント
  • 求人数 5.0
  • 求人の質 4.5
  • 職種の多さ 4.8
  • サポート 4.5

求人数・職種の多さは業界トップクラスを誇る。他業界への転職にも強みがあり、実際に私も利用したエージェントの1つ。

こんな人にオススメ
  • 豊富な求人数で選択肢を多めに確保したい
  • 年収年間休日数など待遇面アップを目指したい
  • 小売からの転職成功させたい
  • 20代~30代向け

私の場合は電話面談にしてもらいましたが、どこに住んでいてもサービスを受けられるのが最大のメリット。関東・関西だけではなく地方でもサポートしてくれます

マイナビエージェント
  • 求人数 4.7
  • 求人の質 4.8
  • 職種の多さ 4.5
  • サポート 4.9

求人数ではリクルートに劣る印象ですが、エージェントがしっかりとこちらの話を聞いたうえで提案をしてくれる「丁寧さ」があるので信頼して利用できました。

こんな人におすすめ
  • 丁寧にサポートをしてほしい
  • 求人数ではなく質で選びたい
  • 焦ることなく小売からの転職を成功させたい
  • 全世代向け(特に20代~30代に強い)

女性・男性に関係なくしっかりとしたサポートを受けられるのがマイナビエージェントの特徴です。

「転職を急かす」ということはなく、こちらの気持ちを尊重したうえで転職活動を支えてくれました。求職者としっかりと向き合って話をしてくれた印象が今でも残ってますね。

こちらも電話での面談でした!しっかりと時間を割いて話を聞いてくれましたね。自分のペースで転職活動の取り組めます

エージェントは苦手…という人はこの2つのサイトを使えば転職活動もスムーズに進められます。

  • 業界最大級の求人数
  • 転職者の8割が使用
  • 企業からスカウトが届く可能性あり
  • 質の高い適職診断を受けられる

私は登録してから1カ月で13社からオファーが届きました。転職活動を考えているならまずはここで求人を探すことから始めましょう。

こんな人にオススメ
  • 求人を簡単に探したい
  • 適職診断を受けてみたい
  • 自分の強みを知りたい
  • エージェントを活用せずに転職活動を始めたい

登録自体は2分ほどで完了しました。リクナビNEXTにしかない求人もあります。ここを使わずに求人を探す・転職活動をするってかなり無謀です。

  • たった1分で適正年収がわかる
  • 書類選考なしオファーが届く
  • 適職診断ができる
  • 他の人の詳細な転職事例を確認できる

たった1分で自分の適正年収がわかり、しかも自分を求めている企業がどれだけいるのかも一目瞭然。届くオファーは全てが書類選考なしの求人。

こんな人にオススメ
  • 適正年収を知りたい
  • 書類選考なしのオファーを受け取りたい
  • 自分に合った仕事を見つけたい
  • 自分と同じキャリアの人がどこに転職したのか知りたい

私が転職するきっかけともなった適正年収ですが、実際に調べてみると700万円台でした。すぐ結果がわかるのであなたも調べてみましょう。

最後まで登録すれば「自分と同じキャリアの人がどこへ転職できたのか」も調べることができます。

転職活動はミイダス-あなたの価値を見いだす就職アプリ

転職活動はミイダス-あなたの価値を見いだす就職アプリ

MIIDAS CO., LTD.無料posted withアプリーチ

転職 小売
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
小売のすべて

コメント