お問い合わせはこちら

ドラッグストアからの転職先は豊富!社員を辞めたいなら

ドラッグストアからの転職先は豊富!社員を辞めたいなら 転職

この記事では、ドラッグストアからの転職について解説していきます。

ドラッグストアを辞めようかどうか迷ってます

ドラッグストアの正社員、店長からの転職はできる?

ドラッグストアからの転職先ってどこがおすすめなの?

などドラッグストアからの転職について迷っている人は参考にしてください。

体験談なども含めて転職方法を全て解説していきます!

スポンサーリンク

ドラッグストアの離職率は高い

ドラッグストアの離職率は高い

ドラッグストアの離職率はどのくらいだと思いますか?

正確な数値は出ていませんが、体感では正社員の新卒3年以内だと30~40%ほどの離職率です。

仮に30人入社した場合:3年後に残っているのは18人ほど

さらに5年ともなれば、半分くらいに減っているケースが多いのではないでしょうか?

自分が店長になったときには同期がほとんど残っていない…。ということもあるあるですよね。

ドラッグストアでは転勤が多くまたその間隔も短いため、気が付けば同期が減っていき、入社から7~8年後には自分だけになっていた…ということもよくあります。

ドラッグストアは、その仕事の内容から「この人じゃないとできない」といった専門性はあまりありません。

もちろん登録販売者などの資格は必須ですが、「マツキヨ」「ウェルシア」「ツルハ」など業界全体の競争も激しく、統廃合もあります。

今あなたが働いているドラッグストアも、いつかはどこかの傘下に入るかもしれません。そうなると、ポイントカードやシステムとかいろいろと面倒なんですよね。

また化粧品や日用品、食品と扱っている商品は大差なく、企業ごとの差別化が難しいため「どこで働いても同じ」とやりがいを感じない場合もあります。

こうしたことが離職率を押し上げている一因にもなっています。

そのため、ドラッグストアから転職しようとするなら、

  • 自分がどうしたいのか軸を決める
  • 少しでも待遇の良い環境(転勤が少ない等)を探す
  • 早めに活動を始める決断をする

といったことが大事になります。

ドラッグストア正社員の平均年収はどれくらいある?

ドラッグストア社員の平均年収

ドラッグストアは小売ということもあって年収は低めです。新卒の場合でみてみると、

大卒の場合:約19万

高卒の場合:約15万

このくらいが基本給としては平均です。派遣や契約社員ともなれば話は別ですが、それでも多いとは決していえない金額ですね。

薬剤師の年収の場合は一般社員よりも大きく上回りますが、病院で勤務するよりはるかに下回ってしまいます。

ドラッグストアの場合、どれだけ売上を上げても給与に反映されることはなく、またボーナスが約2か月ちょっとしか出ない企業もありました。

そもそも成果がボーナスに反映されることがないため、モチベーションを保つのも大変です。

言い換えれば、「売上の低い店の店長」「売上が好調な店の店長」の評価が同じ、ということもありえるので働く側からすれば非常に不満となるところです。

その反面、小売の中でもノルマや自爆営業は少ないため出費が少なくて済む、というメリットもあります。

店長であっても年収が500万を超えない企業も多々あるため、お金を稼ぎたい人にはドラッグストアの店員は夢の無い世界です。

登録販売者手当がついたとしても、スズメの涙程度ですしね。

なので現状に不満を抱いている人は意外と多いです…そのため、

  • 自分の適正を教えてほしい
  • 書類選考なしの求人を見たい
  • ドラッグストアからの転職先は?

といったことを調べられるアプリ「ミイダス」から1~2分で調べられるので、ドラッグストアを辞めようか悩んでいるなら1度調べてみるといいですよ。



転職はミイダス-価値を見いだすアプリ

転職はミイダス-価値を見いだすアプリ

MIIDAS CO., LTD.無料posted withアプリーチ

\ウェブからも利用できます/

ドラッグストアはキツイ!辞めたいと思った理由は様々

ドラッグストアはキツイ!辞めたいと思った理由

ドラッグストアでの勤務はキツイことの連続です。上で挙げた「年収が低い」というのも辞めたいと思う理由の1つですが、

  • お客さんからのクレーム対応
  • レジ業務と商品管理の兼任
  • 第2類医薬品、第3類医薬品など一般用医薬品の接客
  • 美容部員とのやりとり

など、特に人間関係が複雑なため、そのせいで辞めたいと思ってしまう人もたくさんいます。

ドラッグストアの社員は、レジに入ったり発注をしたり、商品の補充なども全てしなくてはならず、重い物を運んだりと体力的にハードな側面もあります。

そして他の小売と一番異なる点は「接客機会の多さ」です。一般用医薬品について尋ねられることが多く、そのたびに仕事が中断されます。

中には「そこまで悪化しているなら病院へ行ってください」と言いたくなるようなお客さんもおり、お客さんの質の悪さもストレスの1つですよね。

また化粧品コーナーも非常に広く、資生堂やカネボウなどの美容部員とのやりとりも必要です。

同じ店内でも美容部員たちはドラッグストアの社員ではなく、化粧品会社の所属です。

そのため「仕事をどこまで任せるのか」「こちらがどこまで関与するのか」ということでもトラブルになりやすく、女性社員の場合はカウンセリングの対応をしなければならない場合もあります。

こうした複雑な業務のせいで「辞めたい」と思ってしまう人が多いのも事実です。

転職しようと思ったきっかけ

ドラッグストアを転職しようと思ったきっかけ

ではドラッグストアを転職しようと思ったきっかけは?

  • 人間関係
  • 登録販売者
  • キャリアアップ

の3つが主な理由として挙げられます。

その理由を1つずつ見ていきましょう。

登録販売者に合格できない

ドラッグストアに就職すれば必ず推奨されるのが「登録販売者」資格を取得することです。

試験自体は各当道府県によって難易度が異なり、また何度でも受験できるためチャンスは多いですが、勉強する時間がとれずに合格できない社員がいるのも事実です。

そして就職して3年以上も経つのに登録販売者試験に合格できないと、風当たりが強くなってしまうこともあります。

そもそも薬の成分には興味がないんだよね。カタカナが多くて頭に入らない…

という人の場合は何度受けても落ちてしまうため、資格に合格できないことを苦に思い、ドラッグストアから転職をしていく人もいます。

パートやアルバイトとの人間関係のストレス

ドラッグストアは女性従業員の比率が高い業界です。

社員に関しては男女比が半々くらいですが、パートやアルバイトなどは8割以上が女性です。

女性が多いと、女性同士で人間関係が複雑になったり、若い女性社員の場合は自分よりも年上の女性従業員から嫌がらせを受けることもあります

また男性社員は、女性従業員のそうした問題を解決しつつ店舗運営をしていく必要があり、特に若い男性社員には扱いにくい問題も多々あるため、大きなストレスになってしまい転職を決断する人も大勢います。

キャリアアップに不安を感じる

ドラッグストアは今が全盛期です。市場規模も大きくグループ会社間の競争も激しいため、店舗数自体は飽和状態。これから待遇がよくなるということはまずないでしょう。

仕事内容としては、一般医薬品の販売については知識を得られます。ですがレジ業務や商品の品出しなど、社員でなくてもできるような仕事内容が多く、手に職が付くかといわれれば「No」と言わざるを得ません。

そのため

ドラッグストアで働き続けてキャリアアップは見込めるの?

と悩んでしまう人も大勢います。

店長から上の役職はバイヤー・SVなどがありますが、そもそもの必要人数が少ないため、多くの人は店長で頭打ちに。

店長で30代を超えるとなると転職自体が難しくなる(不可能ではない)ため、20代という早い時期からドラッグストアからの転職を意識し始める人が多くなっています。

  • 今の自分の年齢でも転職できるのか
  • 転職先としてはどこが良いのか
  • 待遇の良い環境はあるのか

といったことでも相談可能なのがエージェントなので、悩みを共有するだけでも気持ちが楽になります。

スポンサーリンク

ドラッグストアからの転職体験談をみてみよう

ドラッグストアからの転職体験談

では実際にドラッグストアからの転職に成功した人の体験談をみていきましょう。

「正社員」「店長」の転職事例をそれぞれ説明していきます。

正社員から事務職へ転職

20代女性
20代女性

就職して3年目に医療事務の仕事へ転職しました。

大学卒業後西日本にあるドラッグストアへ就職しました。最初は楽しく働けていたのですが、わずか半年で転勤となってしまったこと、女性のパートさんからの嫌がらせが激しく、また同期が次々と退職していったこともあり、いつしか転職を意識するようになりました。

何から始めればいいのかわからなかったので、とりあえずエージェントに登録してサポートしてもらったり、自分に合う業界を探してもらいました。

ゆっくり進めていたので半年ほどかかりましたが、同じく医薬品を扱う企業の事務へと転職することができました。

登録販売者には合格していましたが、今後のことも考えて実務経験がちょうど2年になったところで転職しました。

製薬会社の営業職へ転職

20代男性
20代男性

就職して1年半ほどで営業職へ転職しました。

大学を卒業後、たまたま受かったという理由で関東のドラッグストアへ就職しました。あまり考えずに就職をしてしまったせいもあり、仕事にやりがいを感じず、「この仕事を続けても先はあるんだろうか?」と悩むようになり転職活動をスタート。

大した経験もなく、実績もないため第二新卒として転職活動を進めましたが、たった1年半という職歴でも業界を選ばなければ引く手あまたでした。

個人向けではなく企業向けのルート営業へ転職することができましたが、ドラッグストアよりは働き甲斐があるため満足しています。

店長から転職 人材教育の企業へ

30代男性
30代男性

就職して9年目にドラッグストアの店長から転職しました

就職して5年目のころに店長となり、今までに4店舗を経験してきました。人手不足ということもあって転勤のペースが速く、家族のことを考えるとあまり現実的ではないな…と思うようになったのがきっかけで転職活動を開始しました。

正直なところ、今までの経験をどの業界で活かせるのかがわからなかったので、個人での転職活動はあまりうまくいかず。エージェントに登録して強みや適職を診断してもらうなかで、「教育」という道へ進みたいと思うようになり、苦戦しましたがなんとかドラッグストアからの転職に成功しました。

転勤がなくなっただけでも精神的には楽になりました。

ドラッグストアからの転職では、年齢や勤務年数に関してはあまり関係ありません。「まずは行動してみる」ということが成功へのポイントです。

スポンサーリンク

ドラッグストアからおすすめの転職先

ドラッグストアからおすすめの転職先

ドラッグストアからのおすすめの転職先っていったいどこ?

という方のために、おすすめの転職先を説明します。

  • ドラッグストアからドラッグストアへ転職
  • ドラッグストアから異業種・他業界への転職

どちらも可能ですよ。

ドラッグストアから他のドラッグストアへ転職

ドラッグストアから別のドラッグストアへ転職する例もあります

この場合は正社員ではなく、契約(派遣)社員としてドラッグストアAで働いていた人が、正社員としてドラッグストアBに転職するというパターンが多いですね。

契約⇒正社員になるのでかなり待遇はよくなりますが、給与や休日数などが現状よりも下がってしまう転職はおすすめできません。

正社員で別のドラッグストアに転職したい、という場合も同じです。

知識もあり即戦力となるので同業他社へは転職しやすいですが「ドラッグストア」という環境に不満があるなら、転職しても再び辞めたいという気持ちが出てしまう可能性があります。

ドラッグストアから医薬品営業職へ転職

ドラッグストアは一般用医薬品があり、社員であれば登録販売者などである程度の知識があるはずです。

そのため製薬会社との相性が良く、また営業職であれば比較的給与も高い傾向にあります。

当たり外れはありますが、経験を活かせるという意味ではおすすめの職種です。

小売の経験を活かして他業界へ転職

ドラッグストアは小売です。

商品の発注や管理、従業員の教育などこれまでにいろんな経験をしているはずです。

「その経験を活かせる企業がどこなのか」を気づかない人が多いですが、他の業界でも小売の経験が活かせる場面は多くあります。

  • ドラッグストアでこのまま頑張るべき?
  • ドラッグストア以外の業界を目指すべき?
  • 転職先はどう選べばいいの?

ということでも相談に乗ってくれるエージェントを使えば、あっという間に悩みを解決できますよ。

スポンサーリンク

ドラッグストアから他の業界への転職は難しくない

ドラッグストアだからという理由で、転職ができないなんてことはありませんし、「勤務歴〇年だから」ということで不利になることもありません。

大事なのは「どう転職活動を進めるのか」です。

「ドラッグストアを辞めたい」と少しでも感じているのなら、この先もその気持ちが消えることはないので、準備だけでも進めておきましょう。

小売から転職するなら転職支援サービスは登録必須

小売業からの転職はみなさんが思っているほど難しくはありません。

ですが1人で進めると失敗するリスクが非常に高いです。

  • 小売で働き続けるべきか迷っている
  • 小売からの転職先はどこがあるのか?
  • 小売からでも転職できるのか不安
  • 志望動機の書き方がわからない…etc

といったことを無料で相談できるサービスを利用することによってさらに転職の成功率は上がります。

良い求人は早い者勝ち。この3つのサービスを使えば小売からの転職も成功しやすくなりますよ。

マイナビエージェント
  • 求人数 4.8
  • 求人の質 4.9
  • 職種の多さ 4.8
  • サポート 4.9

求人数だけではなく、求人の質もしっかり確保されています。エージェントがこちらの話を聞いたうえで提案をしてくれる「丁寧さ」があるので信頼して利用できました。

こんな人におすすめ
  • 豊富な求人数で選択肢を多めに確保したい
  • 年収年間休日数など待遇面アップを目指したい
  • 小売からの転職成功させたい
  • 丁寧にサポートをしてほしい
  • 20代~30代向け

女性・男性に関係なくしっかりとしたサポートを受けられるのがマイナビエージェントの特徴です。

「転職を急かす」ということはなく、こちらの気持ちを尊重したうえで転職活動を支えてくれました。求職者としっかりと向き合って話をしてくれた印象が今でも残ってますね。

こちらも電話での面談でした!しっかりと時間を割いて話を聞いてくれましたね。自分のペースで転職活動の取り組めます

エージェントは苦手…という人はこの2つのサイトを使えば転職活動もスムーズに進められます。

  • 業界最大の求人数
  • 転職者の8割が使用
  • 質の高い適職診断を無料で受けられる
  • 企業からスカウトが届く可能性あり

私は登録してから1カ月で13社からオファーが届きました。転職活動を考えているならまずはここで求人を探すことから始めましょう。

こんな人にオススメ
  • 求人を簡単に探したい
  • 適職診断を受けてみたい
  • 自分の強みを知りたい
  • エージェントを活用せずに転職活動を始めたい

登録自体は1分ほどで完了しました。リクナビNEXTにしかない求人もあります。ここを使わずに求人を探す・転職活動をするってかなり無謀です。

  • たった1分で適正年収がわかる
  • 書類選考なしオファーが届く
  • 適職診断ができる
  • 他の人の詳細な転職事例を確認できる

たった1分で自分の適正年収がわかり、しかも自分を求めている企業がどれだけいるのかも一目瞭然。届くオファーは全てが書類選考なしの求人。

こんな人にオススメ
  • 適正年収を知りたい
  • 書類選考なしのオファーを受け取りたい
  • 自分に合った仕事を見つけたい
  • 自分と同じキャリアの人がどこに転職したのか知りたい

私が転職するきっかけともなった適正年収ですが、実際に調べてみると700万円台でした。すぐ結果がわかるのであなたも調べてみましょう。

最後まで登録すれば「自分と同じキャリアの人がどこへ転職できたのか」も調べることができます。

転職活動はミイダス-あなたの価値を見いだす就職アプリ

転職活動はミイダス-あなたの価値を見いだす就職アプリ

MIIDAS CO., LTD.無料posted withアプリーチ

転職 小売
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
小売のすべて

コメント