お問い合わせはこちら

コスモスのハードビスケットは美味しい?詳しくレビュー!

コスモスのハードビスケット PB商品レビュー

ドラッグストアコスモスON365で販売されている「ハードビスケット」のレビューです。

コスモスだけではなくスーパーのPBとしてビスケットはいろんな種類が販売されていますが、コスモスのハードビスケットは平均よりも値段が安く、そのうえ内容用もたっぷりなので普段のお菓子や災害用として買っておくのもアリですね。

コスモスのビスケットって美味しいの?気になってるんだよね…

という方もいると思うので、値段や味・何枚入っているのかも画像で解説していきます!

スポンサーリンク

コスモスのハードビスケット

コスモス:ハードビスケット
  • 素朴な味わい
  • 懐かしくて飽きのこないビスケット
  • 全部で67枚入りでした

コスモスで販売されているON365シリーズのお菓子から、今回はハードビスケットを紹介です。ビスケットはどのスーパーやコンビニでも販売されているので、正直大きな違いはほとんどありません。

コスモス:ハードビスケットの特徴

各社のPBの中でもビスケットを販売しているスーパーやコンビニはたくさんあるので激戦区なわけですが、それゆえに

ここのビスケットが一番旨いんだよね!

という「ビスケットはここじゃないと買わない」といったこだわりを持つ人も少ないのが特徴的です。なのでPBにビスケットを取り入れるのは、売れる可能性が高く参入しやすいから、というのが理由の1つでもあります。

栄養成分とカロリー

コスモス:ハードビスケットのカロリーと栄養成分
内容量165g(以下は100gあたり)
エネルギー431kcal
タンパク質8.3g
脂質10.8g
炭水化物77.5g
食塩相当量1.0g

ビスケットを袋から取り出して全部数えてみると、67枚入っていました。(商品によって多少の誤差があるのであくまでも目安です)なので1枚あたりは2.46gで、カロリーは1枚あたり10.6kcalになります。

カロリーを100gあたりで算出する企業が多いですが、実は1枚あたりのカロリーを表示してくれたほうが有難い、という人もいると思うので参考にしてくださいね。

仮に1日10枚食べると、106kcalの摂取になります。

原材料と製造者

コスモス:ハードビスケットの原材料と製造者

コスモスのハードビスケット原材料は上記の通りです。製造者欄には愛知県の「松永製菓」と書かれていました。実はこの企業、「しるこサンド」「シガービスケット」などビスケットをメインに販売しているメーカーで、特にしるこサンドは知っている人も多いのではないでしょうか。

小さいころに祖母からよくもらってましたね。お年寄りからの支持が強い印象です。

ビスケットメーカーが作ったビスケットなので、ドラッグストアのPBとはいえ問題なく食べれそうです。

値段は若干安い

コスモスのハードビスケットは1袋税込88円です。ビスケットは100円前後で買えるお店が多いので、比較的安いと言っても過言ではないでしょう。

ちなみに1枚あたりを算出してみると、1枚1.3円になります。

コスモスのハードビスケットを食す

コスモス:ハードビスケットの中身

袋を開けてみると、上記のようにビスケットの多くが並べられて入っていました。この時点でも小麦と砂糖の香ばしい匂いがふわっと香ってきます。ここから1枚ずるお皿に並べて数えたわけですが、全部で67枚入っていました。まさかビスケットを数えることになろうとは…

コスモス:ハードビスケットを食べる

これが袋から出した全てのビスケット。山盛りになりましたが、持ってみると1枚1枚はさほど重くありません。食感はサクッとしていてビスケットならではの甘さが良いですね。紅茶やコーヒー、牛乳と一緒に食べるとこれまた違った美味しさが楽しめるのでおすすめですよ。

今回は袋から全て出しましたが、このまま置いておくと湿気てしまうので、できれば袋に入れたまま食べるのがベストです。

中には湿気たほうが好き!なんて人もいるので、そのほうが好きな人はお皿に並べて数時間置いておくとちょうど良い湿気具合になりますよ。

まとめ:コスモスのハードビスケット

コスモスのハードビスケットは特に劣る点もなく、量も多くて美味しかったですね。

ただテーブルに置いておくとついつい手が伸び、気が付けばあっという間に食べ終わっているので、ダイエット中の人は食べ過ぎに要注意です。

一袋全て食べると711kcalあるので、ラーメン1杯くらいはあります。

コメント